FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PROFILE

shinmo.jpg
管理人:SHINMO

私は現在30代前半のM男性です。

こちらのページでは私自身の想いなどについて書かせて頂きます。

同じような境遇の方や、私とは全然違った生活をされてきた方も多いと思いますが、
一つのMの例としてご覧頂ければ幸いです。

f132.jpg


それではまずは、私自身の事から紹介させて頂きます。

長くなりますが、お付き合い頂ける方はよろしくお願い致します。


私は物心ついた頃からMでした。

田舎で生まれ育ち、SMにふれる機会はそんなに多くなかったはずなのですが、
いつしか目覚めてしまっていました。

そして何がきっかけだったのかは定かではありませんが、
小さな頃からテレビなどでふと見られるSM描写にドキドキしていました。

叱られてお尻を叩かれるシーン、
時代劇で女性がさらわれて縛られてビシバシされるシーン、
女性が優位に男性をいじめたり、からかっているシーン、
そういった表現が少しでもあると、とにかく釘付けになっていました。

次第にそういったSM的な妄想を自分に置きかえてするようになり、
自分の体で試したりもしていました。

そしてそれが人には決して話してはいけない、見られてはいけない事だと
子供ながらに感じていたのです。

中学生になり、周りの同級生達も徐々に性に目覚め始めた頃、
みんなとのHな会話の中で、盛り上がるポイントが全く違う事に気付き、
自分が変態さんなんだとはっきりと自覚をします。

思春期の繊細な時期に自分の人とは違う性癖に気付き、
思い悩み、悲しくなった事もありました。

そうした様々な葛藤もあり、普通になろうと、
同級生が貸してくれたノーマルなHビデオを見て矯正を試みたりもしましたが、
当然根っからのMである私には無理な事でした。

返す時には周りのみんなに合わせて、すごい良かったよ!
などと合わせては心が傷ついていました。

当時はそういう葛藤の中でSMは自分の中だけのものであり、
表に出す事は一切ありませんでした。

出来るだけ自分の中で割り切って、恋愛も、好きな人も諦めて生きる事で
それなりに楽しく生活をしていました。

私は、自分で言うのもおかしいですが、
性格も明るく男女問わず友人に恵まれていたと思います。

性の悩み以外では、幸せな人生を生きていました。

そうして大人になるまで、私は自分の一部を覆い隠しながら、
人には自分のそういう所を見せないように生きてきました。

時々男女入り混じっての会話の中で、私はSだよ、Mだよという会話があります。

そういう場合のSやMは本来のSMとはかけ離れた場合がほとんどなので、
私はいつも、う~ん、両方かな?などと誤魔化していました。

Sだよ、という女性には内心ドキドキしていましたがそこは我慢です(笑)。


f133.jpg

20才の頃に私は初めて東京のSMクラブに行きます。

ちなみに現在は西日本に住んでいますが、
当時は数年間、東京で暮らしていました。

長年溜め込んできた妄想が現実になると、ドキドキしました。

予約をしてお店に向かう途中は顔が熱くなり、めまいまでしました(笑)。

経験をしてみて、やはり自分はマゾヒストなんだと再確認致しました。


f134.jpg

その後はSMバーなど交流を目的とした場所にも足を運ぶようになりました。

そのほとんどは東京や大阪での活動でした。

そこにはS女性様、M女性さん、S男性さん、M男性さん、
ニューハーフさん、女装子さん、謎の人(笑)など
様々な方との出会いがありました。

オフ会などにも何度か参加をさせて頂きました。

多くはとても有意義で、為になるお話しから人生相談まで、
とにかく色々なお話をさせて頂きました。

その中には著名な方や、すごい方もたくさんおられました。

私はそういった中で感じました。

Mとしての成長は、人としての成長でもあるんだなぁと。

当時は蔑み、嫌っていたSMが、今度は私に力を与えてくれたのです。

現在は自分のM性を受け入れ、せっかくMに生まれたのなら、
奉仕の心で多くの人の役に立つ人になろうと思っています。

そう思わせて下さったのは、多くの立派な変態さん達であり、
私が出会った尊敬できる人達のおかげでございます。

もちろん実生活では、中には人を不快にさせてしまう場合もありますし、
立場もありますので、ごく一部の人を除いて私がMである事は伏せております。

それでもある程度カミングアウトできる部分があるのは幸せな事です。

これからも有意義に人生を過ごしていきたいと思います。

長い紹介ではございましたが、最後までお付き合い頂きまことにありがとうございました。

その他のコンテンツもお楽しみ頂けましたら幸いです。

f135.jpg

最後に余談ですが、あるS男性さんとお話をさせて頂いた時の話題で思った事があります。

Mはまだ自分という対象がありますが、Sの方は対象が自分以外です。

しかしそれを実行してしまえば社会的信用を失ってしまうでしょう。

そう考えると自分はまだMで良かったのかなと思った事がありました。

人を傷つける事はないですし、どちらかといえば無害な草食系男子です。

そのS男性さんは高校生くらいの時にSに目覚めてしまい、
当時の彼女を傷つけてしまったと後悔しておられました。

そして別れを告げられたそうです。

ちなみに現在はとても立派なお役職のダンディーなSさんになっておられますが。


皆様にそれぞれの経験や想いがあると思います。

これからもこのサイトの中で少しづつ紹介していけたらなと思っています。


TOPに戻る


HPTOPへ
banner3.jpg
プロフィール

shinmo

Author:shinmo

カテゴリ
messasge
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。